ブログ

12月23日 終業式を行いました。

23日で2学期は終了となりました。明日から13日間の冬休みとなります。

本校は放送で終業式を行いました。院内学級は対面式で体育館にて行いました。

本校では、校長の話、表彰の連絡、生活面での話という流れで行いました。生徒はしっかりと放送を聞きました。表彰の時は、自然と拍手で仲間の頑張りをたたえました。

院内学級では、終業式のまえに、院内学級職員が、体育館で、朝食を食べることの大切さと普段の食事と健康について指導をしました。本校の3年生にも養護教諭と給食担当が説明した内容でした。そのあとに終業式と続けてでしたが、良い姿勢で私の話をしっかりと聞いてくれました。

 

生徒に話をしたことは大きく二つあります。

2学期を振りかえったときに、何かに一生懸命に取り組んだことや、仲間との強い絆を感じた体験、相手のことを親身になって考えたやさしさ、こうした素敵な出来事が一つ、二つとあったと思います。それらは、青春の花となり、心が豊かになったり強くなったりして、きっとあなたの成長につながったこと、そして、

自分のいいところに目を向けて、自分の性格や行動に、自分のよさに気づくとき、それは、あなたの宝物であり大切なものであることです。

本日、生徒が受け取った通知表の所見のなかには、生徒のよさや課題があります。ほめてくださった先生の言葉、励ましてくださっている先生の言葉を大切に受け止め2023年の成長につなげていってほしいと思います。

 

もう一つは、自転車の事故についてです。けがをしないこと、させないこと、両方が心配であることを話しました。夜、自動でライトがつかない自転車を利用するときは必ずライトに変わるものが必要です。無灯火の自転車運転は大変危険です。また、万一事故にあっても頭を守るようにヘルメットをかぶることをお勧めします。令和3年度の調査では、交通事故で死亡した人の58%は頭を損傷しています。法改正で令和5年4月より中学生以上は大人を含め自転車に乗るときはヘルメットの着用が努力義務になります。持っていない人は、おうちの人と相談してみてくださいと話しましたので、ぜひその時はお考え下さい。

 

1月6日、始業式の日に、生徒たちが元気に登校し、さわやかな挨拶から始まるのを楽しみにしています。