8月18日 始業放送

 8月18日(火)から2学期後半がスタートしました。久しぶりに全校生徒の声が聴かれました。以下が始業放送のに内容です。

 

 校長の林です。17日間の夏休みはどうでしたか。もちろん短い夏休みとみんなも感じていることでしょう。振り返れば、こうしておけば良かったとか、あることができて充実したなど、感想はいろいろであると思います。一日は24時間。時間や日数は減ることはあっても、決して増えることがないことから実は尊いものです。

 今日の話は、2学期後半のスタートとして一日の大切さについてです。この話をするのは、2学期後半も益々猛威を振るう新型コロナウイルス禍をともに生きる友達と一日一日を大事にしながら充実した毎日を過ごしてほしいと思うからです。一日を大切にする秘訣とまではいきませんが2つのことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

 1つ目が、「先送りをしない」ことです。夏休み中の皆さんも「明日やればいいや」とか「勉強はテスト前にするから今はしない」など、先送りにすることがあったと思います。無理をする必要は全くありませんが、体調に問題がなければ、先送りにせず、少しずつでもできることに取り組むことが大切であり、取り組むことでその日がより充実することでしょう。

 一日を大事にするための2つ目の秘訣は、「ポジティブに考える」ことです。人にはできることとできないことがあります。ただ行う前から「できないと考える」と心が沈みがちです。「できる!」「頑張ろう!」と思うだけでも内面からエネルギーが湧いてくるものです。

 結びに、コロナ禍で暗いニュースばかりですが、先送りにせず、ポジティブに考えて充実した2学期後半としてください。

 

久しぶりに外靴でいっぱい