ブログ

7月31日 終業放送

 7月31日(金)に2学期前半の終業を告げる校内放送を行いました。以下が校長の話です。

〇校長の林です。

 今学期は、学習・運動・諸活動に励むとともに、新型コロナウイルス感染防止対策を意識した学校生活によく順応してくれました。おかげで無事に7月を終えることができました。とても皆さんに感謝しています。ありがとう。

 思い起こせば、学校が再開したのは6月でした。あれから早や2か月が過ぎました。一中での生活はどうでしたか。休校中と比べてたくさんの人との出会いがあり、自分とは異なる考えに驚いたり、感動するなど、自宅では決して実現しない様々な学びがあったと思います。新型コロナウイルスは、災いのほかありませんが、学校の存在意義や、友だちの存在、先生や保護者などの大人の存在意義を再確認する良い機会です。明日から夏休みになりますので、一息入れて、自分と自分以外の人とのつながりや自分との関りについて、一度考えを巡らせてください。

 今年の夏休みは17日間ととても短い日数ですが、皆さんならば工夫をして有意義に過ごしてくれることでしょう。先週の三者面談や各学年の集会での振り返りをもとにして、自分の良い点をさらに伸ばせるように目標の微調整をお願いします。

 最後に、ここ数日、コロナ禍の脅威が再燃していますので、外出する際は、最大限の感染防止対策をし、元気に8月18日に会いましょう。