ブログ

生徒の様子

8月19日 避難訓練

 8月19日(水)6時間目に避難訓練を行いました。今日は気温が高いため、避難経路を実際に避難したところで教室にもどり、校内放送で講評を行いました。

 

【避難訓練の講評】

 避難に要した時間は4分45秒でした。目標時間はクリアできていましたので、参加態度については自己評価をしてください。学校にいる間に皆さんを避難させなければならない場合があります。地震・火災の他にも、台風や不審者の侵入、ミサイルの発射など様々です。避難するにあたって大切ことは、自分の命は自分で守るということです。そのためには落ち着いて行動することが最も大切です。そのために今日の訓練がありました。

  2年生3年生には去年も話しましたが、10年前の3月11日。私は教頭として一中にいました。14時46分からおくれること数分後、一中にも大きな揺れがありました。震度5強の大きい揺れでした。先生になって初の一次避難を告げる校内放送を職員室から入れました。そして机に身を隠していた生徒・職員に2次避難の放送を入れ、先ほど皆さんがいた校庭に避難させました。

 その後、停電はないか、断水はしていないか、ガス漏れはないかと校内を確認しているときに、テレビで東北地方が津波で襲われていることを知りました。校庭にもどると和洋大学の方向に黒い大きなキノコ雲が見えました。市川駅の近くで火災でも起きているかと思いましたが、はるか遠くの市原市の石油コンビナートの大火災であることは後で知りました。学区を見回りにいった先生からの報告から、信号機も作動しており、家屋の倒壊や下水道も大丈夫そうなので、近くの小学校に連絡して、下校をさせようと生徒を教室にもどしました。帰り支度をしている様子を中庭の池のわきから、見上げていたそのとき、2回目の大きな揺れがありました。最初の避難から30分後のことです。今でも教室から聞こえてきた悲鳴をよく覚えています。あとでわかったこととして、校舎をつなぐ渡廊下の金属板が、けたたましく落下した音に恐怖を感じたとのことです。渡り廊下と教室のある校舎とは、隙間としては3センチぐらい開いています。それぞれが独立しているため、一度に建物が壊れないつくりになっていることを知っておいてください。

 下校後、電話はつながりにくくなっており、全生徒の帰宅を確認ができたのはその夜の11時でした。最後までつながらなかった生徒は、近くの親戚の家に避難していたため担任の先生も11時の退勤となりました。どんな自然災害でも学校は皆さんの安全確認を必ずします。停電や家が壊れた場合は結構ですが、学校から連絡がつかない場所にいるときは、学校が連絡をとろうとしていることを意識して安全に避難をしていてください。3.11では、院内学級の生徒の引き渡しが終了したのが深夜の2時でした。電車はすべて止まっていたため、学校の自転車で4時ごろに自宅に帰りましたが、道は帰宅を目指す車で大渋滞でした。

 

最後に、2点についてよくよく覚えておいてください。

学校の緊急連絡先などは、学校だより(HPにアップ済)に書いてあるので災害のときは思い出してください。

震度5弱以上の場合は、保護者の方に引き渡すために学校待機となります。全校生徒1食分の備蓄を駆使して、保護者の到着を待ちます。今日にでも「震度5弱以上」、「1食分の備蓄」、「保護者への引き渡し」の3点を伝えてください。

 大切なことは、自分の命は自分で守るということです。そのためには落ち着いて行動することが最も大切です。今日の訓練をよい機会として、学校や自宅などで災害に遭遇したときに気をつけることは何か、災害に備えてできることは何か、災害時に地域を支えるためにできることは何かを、皆さん一人一人がよく考えてください。

8月18日 美術部から皆さんへ

 8月18日(火)に校門の掲示板に美術部の作品が掲示されました。休校前の2月に掲示してから、5か月ぶりとなります。月日の流れるのは早いものです。テーマは「Do what you love in this summer」で「この夏にしたいと思うことをしなさい。」という意味になります。ひまわりと南国のリゾート地が鮮やかに描写されています。例年になく、8月から学校がはじまりました。猛暑に加えてコロナ禍ではありますが、充実した夏にしていきましょう。

8月18日 始業放送

 8月18日(火)から2学期後半がスタートしました。久しぶりに全校生徒の声が聴かれました。以下が始業放送のに内容です。

 

 校長の林です。17日間の夏休みはどうでしたか。もちろん短い夏休みとみんなも感じていることでしょう。振り返れば、こうしておけば良かったとか、あることができて充実したなど、感想はいろいろであると思います。一日は24時間。時間や日数は減ることはあっても、決して増えることがないことから実は尊いものです。

 今日の話は、2学期後半のスタートとして一日の大切さについてです。この話をするのは、2学期後半も益々猛威を振るう新型コロナウイルス禍をともに生きる友達と一日一日を大事にしながら充実した毎日を過ごしてほしいと思うからです。一日を大切にする秘訣とまではいきませんが2つのことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

 1つ目が、「先送りをしない」ことです。夏休み中の皆さんも「明日やればいいや」とか「勉強はテスト前にするから今はしない」など、先送りにすることがあったと思います。無理をする必要は全くありませんが、体調に問題がなければ、先送りにせず、少しずつでもできることに取り組むことが大切であり、取り組むことでその日がより充実することでしょう。

 一日を大事にするための2つ目の秘訣は、「ポジティブに考える」ことです。人にはできることとできないことがあります。ただ行う前から「できないと考える」と心が沈みがちです。「できる!」「頑張ろう!」と思うだけでも内面からエネルギーが湧いてくるものです。

 結びに、コロナ禍で暗いニュースばかりですが、先送りにせず、ポジティブに考えて充実した2学期後半としてください。

 

久しぶりに外靴でいっぱい

7月31日 情報モラル講習会

 7月31日(金)の終業放送に続いて、情報モラル講演会を放送で行いました。全クラスで担任がパワーポイントを操作し、生徒指導主任が放送で「正しい情報機器の使い方と正しいコミュニケーション」について確認をしました。

講演会の概要

SNS上にアップするとき注意すること

  • 無関係な人が写っている
  • 服装で特定されてしまう
  • 住所が写りこんでいる
  • 漫画などは著作権の侵害となる

SNSでのコミュニケーションとして注意すること

  • 世界中の人が見ることができる。
  • 一度アップしたものは消すことができない。
  • 情報をそのまま信じない
  • 面と向かって言えないことは言わない。

 夏休みとなります。見知らぬ人に誘われたり、個人情報を知られてつきまとわれたり、チケット等の転売で逮捕されるなどSNSを使用する際は、様々な危険があることを十分に認識してください。

7月31日 終業放送

 7月31日(金)に2学期前半の終業を告げる校内放送を行いました。以下が校長の話です。

〇校長の林です。

 今学期は、学習・運動・諸活動に励むとともに、新型コロナウイルス感染防止対策を意識した学校生活によく順応してくれました。おかげで無事に7月を終えることができました。とても皆さんに感謝しています。ありがとう。

 思い起こせば、学校が再開したのは6月でした。あれから早や2か月が過ぎました。一中での生活はどうでしたか。休校中と比べてたくさんの人との出会いがあり、自分とは異なる考えに驚いたり、感動するなど、自宅では決して実現しない様々な学びがあったと思います。新型コロナウイルスは、災いのほかありませんが、学校の存在意義や、友だちの存在、先生や保護者などの大人の存在意義を再確認する良い機会です。明日から夏休みになりますので、一息入れて、自分と自分以外の人とのつながりや自分との関りについて、一度考えを巡らせてください。

 今年の夏休みは17日間ととても短い日数ですが、皆さんならば工夫をして有意義に過ごしてくれることでしょう。先週の三者面談や各学年の集会での振り返りをもとにして、自分の良い点をさらに伸ばせるように目標の微調整をお願いします。

 最後に、ここ数日、コロナ禍の脅威が再燃していますので、外出する際は、最大限の感染防止対策をし、元気に8月18日に会いましょう。