ブログ

生徒の様子

3月8日 3学年中央委員による学年集会

本日2時間目に体育館で3学年の学年集会が行われました。中央委員会の進行による最後の学年集会でした。

はじめは中央委員会から学級の良さについて話がありました。

男女仲良し・個性的・自分の関係を伝えられる関係・挨拶元気で給食よく食べ外で遊ぶ・友達との時間を大切にする・互いを思いやること・周りを見る力・先を見て行動すること・掃除のとりかかりが早い・クラスみんなで行事に取り組むこと

こういう良さが学年のなかで聞くことができました。いい時間をきっとクラスで過ごしてきたのだろうなと思いました。

そのあとは、3学年の先生方から、生徒に話がありました。自宅待機となっている職員はオンラインで参加しました。

「自分でやったことには責任を持つ。経験は自分の糧」「自分で選んだこれからの道 何をするかが大切」「人生はマラソン。レースを楽しむ。人間万事塞翁が馬」「中学校のときの仲間とのつながりは大切」「かっこいい生き方をしたい。一生懸命や真剣はかっこいい」「3年間素敵な時間をありがとう」「目に見えるものは目に見えないものに支えられている。大木は土の中にはり巡る根によって支えられている。そこに気づける人になってほしい。」「意識と足並み 今自分はどうすべきか柔軟な実行力と思いやり」 先生方の思いが生徒に響いているのを感じました。

3年職員による応援ソングの後、中央委員会委員長から3学年の職員にお礼の言葉があり、卒業生から感謝の歌がありました。中央委員会委員長の言葉には「寄り添ってくれた先生」「背中を押してくれてありがとう」「一中の誇り」こうした言葉が心に残りました。

明日は卒業式。1年生と2年生は式に出られない分、明日の準備を心をこめて行いました。院内学級の卒業式も準備万端です。きっと、生徒の思い出になるいい式になります。

 

3月8日 書写の達人の紹介

3年生の男子生徒に書写が大変上手な子がおります。

音楽室の後ろに本校の校歌が大きな紙に書かれてあります。校歌の指導では、生徒はそれを見て歌詞の意味を考えて覚えていきます。それがたいそう古くなってきました。雨漏りをしたこともあるのか、色が変わっているところもあります。

「卒業するまでに、音楽室の校歌を書いてみたい」と音楽科の先生に声をかけてくれました。

見事 その約束を果たしてくれました。この生徒は第74回千葉県小中高等学校書初め展覧会で、千葉県教育研究会書写教育部会長賞をいただくほどの腕前です。自分の良さを学校の中で生かしたいと思ってくれて、それを実行してくれたことがうれしいです。この子も明日、卒業です。どうもありがとう。大切にします。音楽室に行くたびに、君のことを思い出します。

3月2日 三送会を行いました。

 生徒会役員と専門委員会が中心になり、1年2年生全体で3年生への感謝の気持ちを表すとともに先輩たちが築いてきた伝統を引き継ぐ会が、この三送会です。新型コロナウイルス感染症の感染防止を配慮し、全学年教室でオンライン配信をみて参加することとしました。

1 開会式 テーマの紹介 発謝恩~笑顔と幸せをあなたに~

2  思い出のアルバム 塗り絵のスライドショー ビデオレター(お世話になった先生方からのメッセージ)

3 3年生各クラス代表からの言葉 

4 閉会式と記念品贈呈(マグカップ デザインは2年生生徒)

 思い出のアルバムは、1年生のときの校外学習や体育祭から流れました。3年間でずいぶんお兄さんお姉さんになったことがよくわかりました。お世話になった先生方からのメッセージでは、林校長先生 伊藤教頭先生 青木教頭先生 釜谷先生などがメッセージ送ってくださいました。

三送会のしおりが3年生に配られています。実行委員長と副実行委員長の言葉、3年生の思い出のページ、先生方からのメッセージ、在校生の各学級からのメッセージがまとめられています。温かい思いを感じます。在校生の感謝の気持ちがあふれています。3年生の各クラス代表の言葉は心に響きました。「一中 サイコー」と私も思います。

 

2月28日 今日の学校のいろいろ

1学年と2学年は、到達度調査を5教科で行いました。一年間の学習のまとめとして取り組み、学習内容の定着具合を確認します。また2学年の生徒においては3年生での高校受験に似た体験としても意味があります。どのクラスも生徒は一生懸命に取り組んでいました。

3年生は、卒業式練習が始まりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止から、生徒同士の間隔を最大限にとることにしました。今日は心構えが中心でした。「卒業生 起立」「礼」「着席」の号令での全体動作は大変たくましくしっかりとしている印象でした。

また今日は球技大会が行われました。サッカー、ドッジボール、バレーボール、バスケットボールの4種目に男女混合のチーム編成で参加します。ルール説明から当日の準備、審判、記録はすべて生徒が自分で行います。大きな声は出せなので小さい声で応援します。これがまたかわいらしい。子どもたちにとって、卒業式前の楽しい思い出の一日となったようです。

2月25日 3年生の教室と昇降口のお掃除

2月24日、25日は公立高等学校の試験が行われました。本校からは110名くらいの生徒が志望する試験会場に向かい、試験を受けてきました。結果は3月7日に分かります。みんな希望通りになってくれたらいいなあと思います。

私立高等学校に行くことを決め、公立高等学校の受験をしなかった生徒は、昨日と今日は2時間の活動がありました。その時間に教室と昇降口のお掃除を入れてくれました。みんなに奉仕する心から生まれる行動ですね。とてもうれしく思います。どうもありがとう。